院長について


ご挨拶

柴本内科循環器科 院長


柴本 ( しばもと ) 茂樹 ( しげき )



こんにちは。柴本です。

私は循環器、糖尿病、超音波の専門医ですが、たまたま当該学会での発表等が何個かあって学会員の期間が長かっただけです。

日本の専門医制度はまだ発展途上です。ところで特に内科においてですが今の専門医というのに違和感を覚えます。

例えば私は循環器の専門だから心臓しか見ないという方は大病院に多いですがそれはそれで仕方がないとして (患者さんによっては心臓以外は見ないでくれという方も)、はたしてそれでいいのでしょうか。

人間の体は心臓があって、脳があって腎臓があって、消化器もある。みんなつながっています。

私は本来循環器が専門ですが心臓だけ診ていてそれでいいのかなと疑問に思っています。

内科医はそれぞれの臓器について最低限では不十分ですがある程度の知識を持つ必要があると思います。

もちろん自分は心臓、特に冠動脈3本しか見ないという医師がいてもそれはそれで良いことだと思いますが・・・。
院長紹介
柴本 ( しばもと ) 茂樹 ( しげき )

昭和24年2月6日生まれ(みずがめ座、土星人)

  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本超音波学会専門医
  • 日本医師会認定産業医


趣味  ・・・  ゴルフ:シングルを目指すも道まだ遠し。
株式投資:社会勉強のつもりです。いつも損ばかり!ではないですよ!!
モットー  ・・・  患者さんのライフスタイルに合った治療を患者さんと共に考える。強制はしません。
好物  ・・・  Beer、すじ焼き

略歴
昭和42年 兵庫県立北条高校卒業
昭和49年 大阪大学医学部卒業
平成3年 市立伊丹市民病院内科部長
市立伊丹病院在籍時に心臓カテーテル検査、ペースメーカー治療等を始めた。
平成8年 伊丹市中央4丁目にて柴本内科循環器科開設
平成15年 現在の伊丹市西台3丁目に移設